UTC
Now in Your country: 2018-10-17 08:47:58+00:00

ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018アジア大会、SCARZ Absolute直前インタビュー

2018.05.31 12:00 AM

2018年6月5日(火)〜9日(土)に行われるZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018アジア大会に向け、日本代表SCARZ Absoluteさん、大会の優勝経験を持ち、CS:GO普及のため活動されているレジェンドNoppoさんにインタビューしました。チームのプロフィール(略歴)や強さの秘訣、ゲームの見どころなど、アジア大会をより楽しむためのポイントを紹介します。

より踏み込んだインタビュー記事はNegitaku.org(https://www.negitaku.org/news/n-22557)に掲載されています。


---チームの自己紹介をお願いします。


Laz氏:

Counter-Strike: Global Offensive(以下、CS:GO)で活動しているチームです。チームメンバーは5人、コーチ1人、メンバーはLaz(ラズ)、Crow(クロウ)、barce(バース)、poem(ポエム)、t4k3J(タケジェイ)、最近加入したコーチのReita(レイタ)です。チームは2015年に結成され、いまのメンバーになったのは1年半以上です。大会の戦歴は数が多すぎて正確に覚えていないのですが、12連勝しています。(チーム内で14勝では?13勝では?と様々な意見が割れる)まぁ、12〜13連勝ということで(笑

海外大会は勝ったり、負けたり、まぁ、負けていることが多いのですが、最近ロンドン行きのチケットをめぐってFACEIT Majorの東アジア予選で優勝することができました。最近は全身全霊をかけてCS:GOに集中してプレイしています。

*世界的に有名なCS:GOは2〜3ヶ月に1回ほどのタイミングで規模が大きなな大会が多数行われており、予選リーグは随時開催されています。


Noppo氏:

CS:GOの前身となるCounter-Strike 1.6をプレイしていました。2003年くらいからゲームをはじめて2012年に東京ゲームショウで行われたアジア大会で優勝しました。
CS:GOは2014年くらいからプレイして昔は国内大会も優勝したんですけど、GTX Gaming*でプレイしたときにはSCARZ Absoluteさんに負けました(笑

*GTX GamingとはNoppo氏が率いる過去CSで名を馳せたレジェンドチーム

NVIDIA eSports / ゲーミングエバンジェリスト コミュニティーマネージャー
谷口純也氏


---Noppoさんはパソコン系のイベントでよく来場者と対戦されていますが、どのくらい練習されていますか?


Noppo氏:

普段の練習量はイベントなどで出る際はBOT撃ちを定期的に、大会に出るときは2週間程前から毎日チームで練習しています。


おもにパソコンパーツ系イベントでCS:GOを普及させるべく、交流対戦会を実施するNoppo氏



---はじめたきっかけ、のめりこんだきっかけを教えて下さい。


Laz氏:

ゲームを始めたきっかけはCounter-StrikeシリーズがFPSゲームの中でも一番レベルが高いと聞いたからです。それだけです。
その中でチャレンジしてみようと。CS:GOをはじめた当初から普通のゲームの中では通用していました。ただ、CS:GOの前のCS1.6をやっていたんですけど、それはボコボコにされていた。
このボコボコにされるというのはいまも同じですね。実際いまでもその経験は変わらず、強いチームと当たると一方的な試合展開になっています。
---辞めない理由は勝ちたいから?
勝ちたいというより強くなりたい、勝つより強くなるを優先したい。それを続けている。
続けた結果いまのポジションにいます。


poem氏:

誘われたのがきっかです。最初はめちゃくちゃ下手くそだった。一緒にやってた友達がいるんですけどずっとキャリーされていた自分が恥ずかしかった。その人たちがもうプレイしなくなったあと、今度は自分と同じレベルの人とやったときにやってたけど、その人たちと敵に当たった時にボコボコにした。その勝ったときの勝利の味がすごく、もっとうまくなれたらいいなと続けてきた。


barce氏:

前やっていたゲームの仲間に誘われてやったかな。続けた理由は最初から強かったから......。(一同笑)自分が強いゲームはやめへんやん?気づいたらここにいた。


Crow氏:

みんなでやろうと声をかけられてはじめたところ、自分で最初にはじめて待っていたら結局自分しかやらなかった。マッチメイキングでやっていたらどんどんランクが上がっていって気づいたらここまで来ちゃった...かな?最初のころは意味わからんの繰り返し。けど負けず嫌いで勝てるまでやろう。負ける勝つの反復学習でした。


t4k3J氏:

(スケボー、サーフィン)スポーツをしていてケガしちゃって、なにもできないときに兄のPCのCS:GOやってみたらここまできちゃった。スポーツ辞めてから体重が増えちゃった....。
はじめた当初はめっちゃくちゃ弱かった。Negitaku.orgさんでメンバーを見つけてずーっと一緒にやっていたけどそれでも強くならなかった。
けど、高校生になってお金を貯めてパソコンを買ったらそこから1ヶ月ほどでめちゃくちゃ強くなっちゃった。そこからはもう楽しいです!
---素晴らしいコメントありがとうございます(笑


Noppo氏:


昔は家庭用ゲーム機が大好きでした。高校に入ったときにネットの世界で戦いたいと思った。家庭用ゲーム機はネット機能がなかったので近くにCSNEOというアーケードタイプで遊んでいた。
勝つことが楽しくて練習していた。そのまま日本代表になれたけど、世界大会に出場したとき全然活躍できなくてすごく悔しかった。またこうやって恥をかきたくないし、世界大会で実力者を目指したいと思い、今までやっていた練習を見つめ直し、意味のある練習をはじめました。
それからちょっとずつ強くなっていきました。


---(チームとして)強くなったきっかけ/日々の練習量は?


Laz氏:


CS:GOの人生に対する優先度の高さはプロ化前後で変わらなかったですね。変わったのは韓国で行われた海外の大会WESG 2016で負けて、CS:GOにもっと集中しないと勝てないというのがわかった。そこから少しずつ変わってきました。

今まではゲームを一番に考えていても実際は二番、三番だった。生活もあるし、学業もある。
このままでは勝てないとわかり変わっていった。
ゲームの練習も一緒に行うことはあったけど、時間も21時〜24時という感じ。
いまは毎日18時〜24時という合同の練習時間決め、時間を多く取れるようになった。
また、ブートキャンプを行えるようになり、大会直前などは朝10時から22時ごろまで一カ所に集まり詰めてプレイしています。

さらにコーチ(Naraさん)が入ったことが大きい。
以前は選手同士で対策や反省点など出していましたが、やはり同じプレイヤーというので、
納得できないことやしたくないことなど様々な要素がありました。
ただ、コーチは違う。プレイヤーの目線だけではないので言われたことについてはすっと自分たちの中に入ってくる。
これは本当に大きな差だと感じています。


---ライバルというのはありますか?


Laz氏:

ライバルというのは正直ないですね。
日本チームで強いなと思うのはIgnisで、いま日本で2番目に強いと思う。最近メンバーが替わって強くなったと思う。
勝ちたい、追いつきたいという気持ちではアジアで一番強いTyLooかな。目標がアジア1位になるということです。
※TyLooはシード枠で世界大会(場所:香港)に出場決定済み

勝ちたいけど、ボコボコにされたい。勝てる試合をするのではなく、勝てない格上の相手に戦いを挑んで色々と吸収していきたい。そういう強くなりたいという気持ちが強いです。

実際世界でのCS:GOのランクってヨーロッパ>アメリカ>アジアの順で腕前の差ってはっきりわかれています。自分たちはアジアの中で真ん中くらいの実力。その順位で自分たちにとって勝てる試合というのは意味がない。アジアで強いチームはTyLoo、MVP PKなどがありますが、彼らとやりたいし、ボコボコにされたい。もちろん勝つこと優勝することは大事ですが、今後を見据えると格上との対戦する機会を大事にしたい。


---大会をはじめて観戦する読者に向けて見どころを教えて下さい。



Noppo氏:

CS:GOはほかのFPSに比べて実力が出やすい。運の要素は少なく、大会の勝敗は実力に準じたもの。非常にわかりやすいインターフェース、ルールも敵と味方の5:5と分かれていて、複雑なオブジェクトも少ないので初心者にもわかりやすいと思います。

1vs.3、1vs.4と一人で残った状況でもほかのゲームと比べると逆転の可能性がある。最後までわからないというのが常にハラハラして見られるところだと思います。



---色々お話を聞かせていただきありがとうございます。
最後に記事を見ている読者へのメッセージをお願いします。


Noppo氏:

日本の大会があって、海外の大会を見て、CS:GOを興味を持つ人が徐々に増えていると思います。
今後のNoppoの活動についてはCS:GOのアンバサダーとしてもっともっと海外の情報を日本に広めたり、日本のチームの活動をソーシャルなどで広めたりして応援していきたいと思います。

NVIDIAとしてもゲームとくにFPSは力を入れており、その中にCS:GOも入っています。NVIDIAの谷口としてもCS:GOの大会をパートナーと協力して開いたりして活動をしていきたいと思います。


SCARZ Absoluteメンバーから一言コメント


今回ご紹介したSCARZ Absoluteは2018年6月5日〜9日かけて台湾で開かれるZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018アジア大会に参戦します。
下記チャンネルにて大会の模様をお届けしますのでぜひご視聴ください!

zotac_cupのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

関連リンク

SCARZ Absolute公式サイト

SCARZ Absolute公式Twitter

ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018特設ページ

共有先:
ディスカッション(コメント)

Open Apps wechat and Scan the above QR code.