zotac-geforce-gtx-1080-ti-arcticstorm

最強の冷却機能を備えた「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti」でプレイングフィールドを変えてみましょう。新しいNVIDIA Pascalアーキテクチャを基盤とし、ZOTACテクノロジーを搭載した本製品は、これまで作成されたなかで最も先進的なゲーミンググラフィックカードです。
仕様とメリット
圧巻なパフォーマンス
世界最新のGPUアーキテクチャ「NVIDIA Pascal™」を駆使した比類なきゲーミング体験を発見しましょう。「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti」は、NVIDIA® CUDA®コア3584個とトランジスタ120億個を搭載し、圧倒的な馬力を備えています。すなわち、前世代のグラフィックカード*の3倍のパフォーマンス、進化するゲーミング技術やVR体験に期待できます。

*グラフィックを集中的に使用するVRゲーミングアプリケーションにおけるテスト結果に基づいています。

次世代のゲーミングテクノロジー
VR、超高解像度モニター、マルチモニターといった最新のディスプレイを駆使するために必要なパワーとパフォーマンスをご堪能ください。NVIDIA GameWorks™テクノロジーは、最もスムーズなゲームプレイ、映画のような体験、バーチャルリアリティ(VR)にも対応した革新的な360度画像キャプチャを提供します。
新次元のVR
「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti」は、紛うことなき次世代のVRパフォーマンス、最小遅延、最新ヘッドセットによるプラグアンドプレイ対応を実現します。これらはすべてNVIDIA VRWorks™テクノロジーを礎とし、驚異的なVRオーディオ、物理演算、触感フィードバックを生み出します。
鮮やかな輝きを放たせる
刷新された完全に新しいFireStormユーティリティをたった数回クリックして、自分だけのオリジナリティを追求しましょう。
さらなるチャンネル、さらなるフロー
「ArcticStorm」は、精密マイクロチャンネルが刻まれた銅ダイレクトコールドプレート接点を装備しています。
0.3 mm単位で精密に刻まれたマイクロチャンネル
過給機が装備されパワーアップした熱移送
最大のフローパス
0.3 mm単位で精密に刻まれたマイクロチャンネル
過給機が装備されパワーアップした熱移送
最大のフローパス
包み込むデザイン
液体チャンネルが最重要コンポーネントと接触し、ウォーターブロックがボード全体を完全に包み込ます。
標準規格の継手
標準化された最も広く使われている継手を使用する「ArcticStorm」は、幅広い液冷式ハードウェアに対応しています。
G 1/4 ねじ込み継手
"内径10 mmのチューブを支える
1対の鉤状部付き"
G 1/4 ねじ込み継手
"内径10 mmのチューブを支える
1対の鉤状部付き"
お手持ちの水冷キットを活用しましょう


タンク


ポンプ


ラジエーター


ファン


継手


チューブ
16 + 2電源フェーズ
究極のパフォーマンスと安定性を実現する電源設計
電源ブースト
多ければ良いのが常です。2倍にすることによりリップルノイズの軽減と電力変動の最小化を図り、グラフィックカードをより長持ちさせます。
メタルラップアラウンドバックプレート
「ArcticStorm」はラップアラウンドバックプレートを装備することにより、外観の見栄えを整えています。
メタルによる優れた耐久性
全体を包み込む
メタルによる優れた耐久性
全体を包み込む
とどまるところを知らないパフォーマンス域に到達
フルスロットルのパフォーマンスと最強の冷却機能による強力タッグが、それぞれが持つ最高の実力を遺憾なく発揮します。
最強の冷却機能
ZOTAC GeForce® GTX 1080 Ti
ARCTICSTORM

もっと見る

©2017 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA, the NVIDA logo, the GeForce GTX logo, GeForce, NVIDIA GameWorks, NVIDIA VRWorks, NVIDIA SLI are registered trademarks and/or trademarks of NVIDIA Corporation in the United States and other countries. Other company and product names may be trademarks of the respective companies with which they are associated.


Open Apps wechat and Scan the above QR code.